導入事例

株式会社
東洋リーベスト様

入居者の異常を早く察知できるので、家主さんからも好評です

株式会社東洋リーベスト(ピタットハウス武蔵境店)賃貸部部長 丹羽琢郎様
インタビュー

株式会社東洋リーベスト(ピタットハウス武蔵境店)

賃貸部部長 丹羽琢郎様

東洋リーベストさんについて、教えていただけますか?

1987年設立で、武蔵境駅から徒歩3分ほどのところにある不動産会社です。
私が入社した16年前はまだ、売買仲介だけを行っていたのですが、立地の良さから、賃貸物件の相談に来られるお客様も多く、 「もったいないな」と思い、私が賃貸事業の提案をしたことから、賃貸仲介を行うようになりました。
現在は、武蔵境駅前と三鷹駅前にピタットハウスのフランチャイズとして出店しています。

ピタットハウス武蔵境店

貴社で、高齢者の賃貸に取り組もうと考えられた発端などを
お聞かせください。

ご相談に来られる高齢者の方もいらっしゃるのですが、管理物件も700件ほどあり、立ち退きで次の転居先を相談されるケースが多くありました。

相談に来られる方や立ち退きで転居をされる方が、高齢のために紹介できる物件がなく、審査に通らないことも多く、部屋を紹介できずにお断りをすることが多々ありました。

当社のお客様の割合でいうと、高齢者の方は1割ほどなので、決して多いというわけではないのですが、不動産業は社会貢献をすることも使命かと思っていますので、お断りをすること自体が心苦しく、何か良い方法はないものかと思案していました

ピタットハウス武蔵境店

高齢者の賃貸に取り組みをスタートしたときに障壁、
また取り組んでみて生じた問題はありますか?

当社の管理物件は、すべて孤独死保険に加入していますが、それだけでは孤独死による資産価値が下がるかもしれないというリスクや、家主の不安までは解消できませんでした

預かっている管理物件の資産価値を守ることも、当社にとっては大切な任務なので、家主の不安もよく理解できました。

実際、私も数回、孤独死の現場に立ち会ったことがありますが、やはり発見までに時間がかかった場合の事故物件化は、家主にとってかなりのリスクになることを経験しました。
記憶に残っているそのときの臭いが、今でもふと蘇ることがあります。
それは、早く見つけてあげられないということが、とても悲しいことだという記憶にもなっています。

ピタットハウス武蔵境店

「ひとり暮らし安心プラス」を導入しようと思った理由、経緯は?

高齢者に積極的に部屋を貸すのであれば、異常を早く察知することの必要性を強く感じていました
そのためには、自分たちで日々連絡をしたり、見回りをしたり、ということも考えたくらいですが、とても現実的ではありませんでした。

そんなときに、スタッフが偶然に「ひとり暮らし安心プラス」を見つけてくれたのです。

中でも「見守りサービス」は、自分たちでできない「異常を早く察知する」をカバーしてくれるものでしたし、利用料金も、入居者にあまり負担のない金額なところも魅力的でした。
これなら、家主様を説得することもできると思いました。

ピタットハウス武蔵境店

「ひとり暮らし安心プラス」をお客様、家主様にご紹介してみての反応は?

高齢者は賃貸住宅が借りにくい状況をよく理解されているので、借りられる条件になるのであれば、と喜ばれています。

家主様も「いいじゃないですか!」という好意的な反応です。家主様とは日頃より関係性を築き上げていることもあり、丁寧に説明をすればあまり批判的に受け取られることはありません。
SMSという方法が今時だね、という理解を示されています。

ピタットハウス武蔵境店

お客様や家主様から好意的ではない反応があった場合に、
貴社でお話ししていることや行っている対応があれば、教えてください。

今のところ、お客様も家主様も「ひとり暮らし安心プラス」を受け入れていただけないような反応はありません。

それは、紹介するときに、メリットとデメリットを整理してお伝えしているからかもしれません。

「見守りサービス」は他社商品もたくさんあり、「ひとり暮らし安心プラス」よりももっと手厚い内容のものが多いかと思います。
「ひとり暮らし安心プラス」では、入居者に何かあっても、駆け付けることはしません。
でも、入居者に何かあれば、すぐに駆け付けるのは、管理会社である当社の仕事です。
当社ができないことを「ひとり暮らし安心プラス」が、シンプルな方法でリーズナブルにカバーしてくれることを、事前にきちんと説明しています。

社内でも、まずは管理職間で「ひとり暮らし安心プラス」の情報共有をし、スタッフにも、お客様に説明ができるように教えています。

ピタットハウス武蔵境店

今後の高齢者賃貸の取り組みについて、教えてください。

「ひとり暮らし安心プラス」を導入したことにより、これまで対応できなかった不足していた部分が埋まりました
築年数が経って空きが続くような物件の家主様には、積極的に提案していこうと思っています。

今後、当社で仲介する際、高齢者の場合はすべて「ひとり暮らし安心プラス」の利用を必須とすることで、様子を見ていきたいと思っています。
住まい探しに困っている高齢者の方は、部屋が借りられる可能性が高くなり、家主様にとってのリスクを軽減し、管理物件の資産価値が守られ、入居促進につながります

高齢者も安心して暮らせる、家主様も安心して貸せるという賃貸住宅がもっと増えれば、流動化が高まり、高齢化社会に向けていい循環が生まれるのではないかと考えています。

ピタットハウス武蔵境店